旅行のお供にルイヴィトンがいいです

旅行のお供にルイヴィトンがいいです

旅行をするときに有効なルイヴィトン

ヨーロッパを旅するときに、ルイヴィトンのスーツケースを持っていると、ホテルでの扱いが違ってくる、と言われています。実際、白洲次郎もルイヴィトンのスーツケースを愛用していて、娘が留学するときにも、丁寧に扱ってくれるから、という理由でルイヴィトンのスーツケースをもたせたと言われています。

アメリカではコピーが横行しています

私は長年ニューヨークに住んでいましたが、ニューヨークのチャイナタウンでは、ルイヴィトンのコピー商品がたくさん売られていて、それを買う人もかなりいて、地下鉄などで、ルイヴィトンのバッグを持っている人をたくさん見かけます。

とても丈夫なルイヴィトンのバッグ

私はルイヴィトンのパリの本店でショルダーバッグを買ったのですが、買った時には白っぽい革だったところがだんだんと時間が経つにつれて、飴色に変わっていって、とてもいい感じになりました。ブランド品は長く使えば使うほど味わいが出て素敵になります。同じように小銭入れもルイヴィトンのものを使っていましたが、10年以上は軽く支えて、15年も同じものを使っているくらい丈夫なのです。システム手帳はもう15年も使っていますが、まだまだ使えるような状態で本当にすごく丈夫です。

気に入っているデニムのバッグ

私が気に入って使っているルイヴィトンのバッグの一つはモノグラムのデニムの生地で作られたバッグで、小さくてとても可愛いのです。たくさん荷物は入りませんが、モノグラムのデニムの生地がとてもいい感じが出ていて、持っていると人目につく時が多くて、かなり高価なバッグなのですが、買ってよかったと思うようなバッグで、ルイヴィトンならではのバッグです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です