素敵なブランドのシャネル

素敵なブランドのシャネル

シャネルは幅広い商品が出ています

シャネルはブランドの王道ですが、コスメからバッグ、アクセサリー、洋服とその取扱いアイテムは幅広く、誰でも買えるコスメもあれば、とても手が出ないジュエリーなどもあります。

シャネルの代名詞のマセラッティ

シャネルバッグで一番有名なのがマセラッティです。キルティングのようなとても柔らかな革でできていて、チェーンには金属と革が使われていて、表にCCマークが付いていてシャネルらしいバッグになっています。
マセラッティは大きさがいろいろありますし、色もいろいろあります。
代表的なのは黒で、どこに持っていっても恥ずかしくないバッグです。このバッグも中国などではコピー商品が出ていて、コピー商品が出るほど人気があるということです。

気軽に買えるシャネルのコスメ

シャネルバッグなどはかなり高価なものになるので、なかなか手が出ないものですが、コスメでシャネルを楽しむことはできます。特に4つのベイクドアイシャドウがセットになったアイシャドウはシャネルのコスメの中でも特に有名で、発色がよく使いやすい色がセットになっていて、とても素敵です。

カメリアの魅力

シャネルといえば、カメリアの花を思い出しますが、カメリアの花のブローチやカメリアの花のスカーフなどが有名です。私が持っているカメリアの花のスカーフはモノトーンで滑りがすごく良くて、巻きやすいのです。

映画でも登場するシャネル

映画「プラダを着た悪魔」の中で主人公の女性が着ているのはほとんどがシャネルです。すごく素敵なワンピースやロングブーツなど、シャネルならではの素敵さが前面に出ていて、映画がとても魅力的になっていて、主人公のファッションに注目がいくものになっています。

旅行のお供にルイヴィトンがいいです

旅行のお供にルイヴィトンがいいです

旅行をするときに有効なルイヴィトン

ヨーロッパを旅するときに、ルイヴィトンのスーツケースを持っていると、ホテルでの扱いが違ってくる、と言われています。実際、白洲次郎もルイヴィトンのスーツケースを愛用していて、娘が留学するときにも、丁寧に扱ってくれるから、という理由でルイヴィトンのスーツケースをもたせたと言われています。

アメリカではコピーが横行しています

私は長年ニューヨークに住んでいましたが、ニューヨークのチャイナタウンでは、ルイヴィトンのコピー商品がたくさん売られていて、それを買う人もかなりいて、地下鉄などで、ルイヴィトンのバッグを持っている人をたくさん見かけます。

とても丈夫なルイヴィトンのバッグ

私はルイヴィトンのパリの本店でショルダーバッグを買ったのですが、買った時には白っぽい革だったところがだんだんと時間が経つにつれて、飴色に変わっていって、とてもいい感じになりました。ブランド品は長く使えば使うほど味わいが出て素敵になります。同じように小銭入れもルイヴィトンのものを使っていましたが、10年以上は軽く支えて、15年も同じものを使っているくらい丈夫なのです。システム手帳はもう15年も使っていますが、まだまだ使えるような状態で本当にすごく丈夫です。

気に入っているデニムのバッグ

私が気に入って使っているルイヴィトンのバッグの一つはモノグラムのデニムの生地で作られたバッグで、小さくてとても可愛いのです。たくさん荷物は入りませんが、モノグラムのデニムの生地がとてもいい感じが出ていて、持っていると人目につく時が多くて、かなり高価なバッグなのですが、買ってよかったと思うようなバッグで、ルイヴィトンならではのバッグです。

多種多様なルイ・ヴィトン

多種多様なルイ・ヴィトン

ブランドバッグは絶対にルイ・ヴィトン

女性に人気なのはやはり、シャネル、プラダ、ルイ・ヴィトンだと思います。その中でも私はルイ・ヴィトンが一番好きです。
シャネルはどちらかというと、全体的にデザインが派手で、色もピンクやホワイトなど、女の子らしいラインナップが豊富です。反対に、プラダは何と言っても革が売りですので、自然、女性らしく、落ち着いたデザインが豊富になってきます。

では、ルイ・ヴィトンはと言うと、どちらの要素もしっかり抑えているので、女の子にも女性にも受け入れられやすく、幅広い年齢層から親しまれています。

ルイ・ヴィトンは素材もデザインも多種多様

ルイ・ヴィトンと言えば、モノグラムが一番有名なデザインですが、その他にも魅力的なデザインが多数あります。
私が特に好きなのは、エピです。

モノグラムのように、いかにもブランド物です、と言ったアピール性がないので、ちょっとしたお出かけにも、仕事の時だって使いやすく、重宝します。

その他にも、毎年夏前になると、その年ごとに違ったデザインが登場します。毎年可愛いので、ポーチのような小さい物はついつい毎回買ってしまい、今ではちょっとしたコレクションになっています。

使わなくなってもフリマサイト等で高値で売れる

ブランドバッグや財布が欲しくても、なかなか買えない、でも欲しい、という思いを抱いている方はたくさんいらっしゃいます。自分がもう使わなくなってしまってタンスの肥やしになっているブランド物があれば、フリマサイトなどで販売しましょう。ノーブランドやローブランドのバッグ等だと、いくらほぼ未使用な状態でも、2000円ほどで売れるのが関の山ですが、ブランドバッグだと、使い古して多少ガタがきているものでも、思いの外高値で売れることがあります。メルカリなどが最近人気ですね。

やはり、多種多様性を求めるならば、ルイ・ヴィトンが一番です。女性ならば、やはり一つや二つはブランドバッグを持ち、美に対する意識を高めることが大事です。